椅子の座ぐり

カービング
DSC_3138

 以前から自分の作る木工品は、割とカチッとしたものが好みでした。それが、木こりをしてチェーンソーを使っている影響か、削り跡の残る、ラフなものを作りたくなってきました。

ディスクグラインダーカービング

 木工作業中、疲れたときにちょっと尻を引っ掛けるものが欲しくなって、高めのスツールを作りました。

 そのときに座面をペーパーコードで編むか、板にするか、いくつかの選択肢を考えてみました。

 で、やってみたのが10数年ぶりの座ぐり。前回は四方反り鉋でしましたが、今回はディスクグラインダーを使いました。

スターエム 超硬エグリカッター

 できあがったのが、こちら。

 勢いで作ったにしては、なかなかの座り心地です。

まとめ

 ザクザク削れて楽しいディスクグラインダーカービングですが、問題点もあります。

 大量の切りクズが、広範囲にわたって飛び散ります。なにか、対策をしなければ掃除が大変です…。

 そして、怪我です。

 以前、先輩がグラインダーを足に落として大怪我をしたという話を聞いていました。従来のグラインダーはトグルスイッチで、手から離れても止まりませんし、スイッチを切っても慣性でしばらく回り続けます。

 で、期待を裏切らずにさっそく怪我をしましたが、それはまた別の記事で書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました