バスケで鼻骨骨折

こども

次男坊は高校のバスケの練習で、鼻骨骨折です。レギュラーでもないのに、練習で鼻骨骨折って…。まぁ、一所懸命ということなのでしょうが。

耳鼻科

大分駅の近くにある耳鼻科に、先生が車で送ってくれました。病院の前で降ろされたらしいですけど…。

お医者さんからの電話で、以下のように説明されました。

  • CTを撮ったら、折れていた
  • 施術するには、親が同行して同意書にサインが必要
  • 一日の入院が必要

「そちらまで遠いので、息子に同意書を持たせるので、バッサリやっちゃってくれませんか?」

私の希望は、「未成年ですので」と断られました。鼻に綿を突っ込むだけなのに、同伴が必要なのですね…。

結局、カミさんが午前の仕事を休み、同行しました。この病院の医師の治療は、ネットの書き込みどおり、タンパクで迅速なものだったようです。

その後、毎日診察に通ってますが、診察室に入ってから出てくるまで、1分かからないようです。

時間がかかるのも考えものですが、極端に早いのも不安が…。

あとで、バスケをやっていた親戚に聞いたところでは、「自分たちは鼻骨骨折をそのまま治療せずに放置した」、とのことでした。

そんな、荒っぽいのもありなのね…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました