運転マナー

常識

私の活動範囲では、運転マナーがあまりよろしくありません。

また、運転が個性的な方も多いです。

県外から来られた方も、そのように言われるので、間違いないと思います。

けっして、私の運転が模範的というわけではないのですが(どちらかというと、雑)、タクシーの乗務員を5年ほどしていたので、運転に対する意識は、低くはないと思っています。

センターラインを超える

まず、田舎は山や谷に合わせて道を作るので、カーブが多いです。その中には、見通しの悪いカーブもたくさんあります。

そのセンターラインを、超えてくるんですね、彼らは。

対向車としては、とても、スリルがあります…。

ウインカーを出さない

ウインカーを出さずに曲がることは、日常茶飯事です。

意識の高い運転者は、曲がりながら、ウインカーを出します。

もっと意識の高い運転者は、曲がる寸前に、ウインカーを出します。

ヘッドライトを点けない

さすがに真っ暗な夜には、みなさんヘッドライトを点けています。

感心です。

暗い、朝夕には、ヘッドライトを点けません。

暗い、雨の日には、ヘッドライトを点けません。

暗い、トンネルの中では、ヘッドライトを点けません。

真っ白な霧の中では、ヘッドライトを点けません。

街灯のない山道の、墨のように真っ暗な夜間でも、ハイビームにしません。

大分県にお越しの際には…

大分県にお越しの際には、前もって上記のことを練習されたほうが、ドライブをよりいっそう楽しめると思います…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました